BobのCamera

カテゴリ:機材( 272 )

水戸線から見える風景

b0246079_04165687.jpg
b0246079_04165897.jpg
PLAUBEL makina W67

ちなみ使ったフィルムは、ポートラ400NCになりますが、期限は2009年1月までのものです。
色々と劣化が見られましたが、一番感じたのは、感度が落ちて適正露出で撮るとかなりアンダーになることです。
そちらは、デジタル化後にレタッチして多少はまともになりましたが、さすがにこれだけ期限が切れていると劣化の影響は避けられませんでした。


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-03-24 04:25 | 機材 | Trackback | Comments(0)

『ライカの望遠にハズレはない』や『暗いレンズはよく写る』に当てはまる「Mountain Elmar 10.5cm f6.3」

b0246079_19072590.jpg
LEICA M MONOCHROM(Typ246) Mountain Elmar 10.5cm f6.3

このレンズは、小型軽量で山に登るときに携帯しても苦にならないためか、「マウンテンエルマー」とか「アルペインエルマー」等の愛称が付いているくらいしか知識がなく全く興味がなかったのですが、お世話になっているフラッシュバックカメラさんに遊びに行ったときに、店主さんに、OH上がりのこのレンズのピントが凄いと言われ、ちょっと試写させてもらいました。

その結果は、確かにピントがめちゃいい個体で、開放から解像度が高く黒が締まって写り、すっかり気に入ってしまいました。
ちなみにライカ格言(?)には、「ライカの望遠にハズレはない」や「暗いレンズはよく写る」などがありますが、このレンズは両方に当てはまりますが、それに恥じない描写です。



マウンテンエルマーは、短期間だけの製造でその本数は3975本だけです。
恐らく当時は、フィルムの感度も低く、あまり売れなかったのではないでしょうか。
ちなみに私の購入したこのレンズは、1932年製になります。

写真のとおり見た目は、かなり使い込んでいますが、ガラスは、元々傷もなくOH済みですので気持ちよくぬけています。
b0246079_19314094.jpg



見た目は細長くボディに付けると格好悪いですが、でも、その描写を知ってしまうとこの格好悪さも格好良く感じてしまいます。
b0246079_19082465.jpg


ライカのファインダー枠には、御存知のとおり105mmの枠がありませんし、単独の外付けファインダーは製造されておらず、ライツのビドムで10.5㎝のあるものかスポーツファインダーで10.5㎝があるものを探すしかありません。

ただし、ライカで105㎜はこのレンズだけですので、ビドムやスポーツファインダーに10.5㎝があるのはまさしくこのレンズのためですが、レンズの製造本数からすると、それらは少なく見つけるのは困難だし、運よく見つけても高価だと思っていたところ、スキヤさんに行ったらあっという間に見つかりました。
しかもニコンやキヤノンの105mmの単独ファインダよりも安価でしたw
ついでにこのレンズのフィルター径は、22mmなのですが、それもサービスでいただきました。

そして、レンズ購入時には、純正のフードとフード・キャップが付いてきましたが、小さいので持ち歩くと失くしそうだったので、レモン社さんで売っているマウンテンエルマー用の社外フードとキャップを購入しました。
b0246079_19080047.jpg

これで万全の状態になり撮影がより楽しくなりそうです。


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^ 
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-03-20 20:21 | 機材 | Trackback | Comments(4)

期限切れフィルム

b0246079_22191185.jpg
iphone7

今日は、プラウベルマキナ W67にコダック ポートラ400NCと160VCで撮ってみました。

前者の使用期限が2009年、後者のそれは2011年。

多少の期限が切れたフィルムは使った事があるがここまで過ぎたものは初めてでどんなになるのか楽しみです(笑)


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by akirasoftil | 2017-03-16 19:40 | 機材 | Trackback | Comments(2)

雨が上がった朝

b0246079_07100368.jpg
PLAUBEL makina W67

ピントの合った猫じゃらしの部分を拡大したら、このレンズの解像度の凄さを実感しました。
恐るべし、ワイドニッコールです。



ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-03-12 07:15 | 機材 | Trackback | Comments(2)

PLAUBEL makina W67で開放撮影

b0246079_05133794.jpg
PLAUBEL makina W67

開放値f4.5での撮影です。

開放からかなりシャキッとした写りだと思います。
さすが、WIDE NIKKORです。

b0246079_05135726.jpg


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-03-08 05:21 | 機材 | Trackback | Comments(2)

人を呼ぶカメラ

b0246079_04460490.jpg
PLAUBEL makina W67

ライカなどを街中で使っているとたまに「懐かしいね~昔使っていたんだよ~」とか「ライカ、いいですね^^」とか声をかけられます。

1人で写真を撮っているとそんな風に声をかけていただくのは嬉しいし、もうちょっと写真を撮ってみようと思ったりします。


今まで色々なカメラを使ってきましたが、声をかけられる確率が圧倒的に高いのが、ライカとローライフレックスでした。
そのようなカメラは、人を呼ぶカメラだと思っています。

ところで、この写真を撮った直後、上質のチェスターコートを着た白髪の男性に「マキナいいですね。私も昔使っていたんですよ。今はデジタルだけですがetc」と話しかけた頂きました。


この日は、初めてマキナで本格的撮った日で、テンションも上がっていましたので、とても嬉しくひとときマキナ話で盛り上がり、また色々な事を教えていただきました。
b0246079_05041662.jpg


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-02-25 05:09 | 機材 | Trackback | Comments(4)

ローライのカメラをローライのフィルムで

b0246079_04302334.jpg
Rollei 35 (black Germany)

「Rollei 35」に「Rollei RPX400」を詰めて撮ってきました。
ローライのカメラにローライのフィルム。
このローライ35が作られたころには想像も出来なかったことではないでしょうか。


b0246079_04310144.jpg



ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-02-23 04:35 | 機材 | Trackback | Comments(6)

ローライ35とローライB35の比較

b0246079_21353285.jpg
右奥がローライ35になりドイツ製でレンズが40mmのテッサ― f3.5、
左手前がローライB35になりシンガポール製で40mmのトリオターf3.5です。

ローライB35は、ローライ35の廉価版として発売されたそうですが、外観は似ているところがあるものの各所よく見ると違いがあり、持った感じや操作感もかなり違います。

ローライ35は、小さいながらも金属部品を多用しているからか小柄ながらずっしり重いです。
それに比べてB35は、ローライ35を持った後に持ってみると肩透かしするほど軽く、プラスチックを多用しているからか安っぽい感じがします。

ちなみにローライ35は、重量は337g、ローライB35は、232gになります。
b0246079_21364631.jpg
b0246079_21365073.jpg

シャッターの巻き上げなども、ローライB35は軽い感じで、ローライ35はB35と比べるとシャープで高級感があります。

機能的には、両機は色々と違いがあり、さすがに上位機種のローライ35の方が低速シャッターが使えたり露出計がシャッタースピードと絞りと連動していたりで優れいていますが、ここでは操作性について書いておきたいと思います。

操作性の一番の違いは、絞りとシャッタースピードの操作にあります。

ローライ35は、絞りとシャッタースピードがカメラ前面の円盤にあり、これらを回して適正露出に合わせます。
ローライB35は、絞りはレンズ先端付近にあります。シャッタースピードはレンズ根元付近にあります。
b0246079_21375612.jpg
b0246079_21375293.jpg

私は、フィルム一眼レフについては、長い間、オリンパスのOMシリーズを使っていたのでは、OMと同じ配置のB35の方が使いやすいです。

また、ローライ35は露出計の針はカメラ上面でゴッセンのCds追針式で絞りとシャッタースピードに連動しおり、電池が必要になってきます。
ローライB35も露出計の針はカメラ上面にありますが、絞りやシャッタースピードとは連動していませんが、セレン式のため電池は不要です。



両カメラでは、フィルムカウンターの位置にも違いがあります。
ローライ35は、フィルムカウンターがカメラ底部にあり見にくく、いちいちカメラをさかさまにしないと確認できません。
それに比べるとローライB35は、普通のカメラと同じくカメラ上面にあり見やすく一般的なカメラと同じです。
b0246079_21390948.jpg
b0246079_21391427.jpg

また、両カメラでは、ファインダーの位置が違います。
ローライ35はライカなどと同じくファインダーは左側にありますが、ローライB35のそれは右寄りで、ライカを多用している私はつい左側を除いてしまい一瞬戸惑います。



そして、フィルムを使い終わり巻き戻す際の操作も違っており、ローライ35はカメラ背面のリバースノブを上に上げ底部のノブをクルクルと回す方式ですが、ローライB35は、カメラ底部の黒いポッチを押しながら、巻き戻しのノブをクルクルと回す方式になります。
この黒ポッチを巻き上げるまで押し続けるのが結構面倒に感じ、また、ローライB35は巻き戻しノブが短いのでクルクルと回しづらく指が痛くなってきます。
b0246079_21442353.jpg
b0246079_21400837.jpg


他にも、ローライ35とローライB35を比較したとき、ローライ35は、被写界深度を表すスケールが詳細ですが、ローライB35では、それが簡略されていて●印があるだけです。
この●印でも、ある程度はわかるのですが、できれば目測カメラを使うときには、この被写界深度のスケールに頼りある程度絞って撮影しますので、できれば詳細なものが欲しいところです。
b0246079_21405257.jpg


両カメラには特徴が色々とあると思いますが、とりあえず私の感じたことを書いてみました。

ローライ35の方が高級版という位置づけですが、必ずしもすべての機能がB35より上という感じではなく、最後は何を取るかによってどちらのカメラを選択するのか違ってくると思います。

私にとってローライ35はちょっと本気モードの時に使うカメラ、ローライB35は普段から常に持ち歩き、この時期だったらいつもコートのポケットに入っているカメラという位置づけになりそうです。

そのうち、テッサ―とトリオターとの描写の違いを比較してみたいと思っていますが、それはもう少し経って両カメラとも使いこなしてからにします。
今のところ、テッサーとトリオターの描写の違いは全くと言っていいほど見出せませんが、唯一違いが分かるのが、トリオターの方が新しい物で、当然にコーティングも新しく逆光では圧倒的にトリオターの方が破綻が少ないです。


ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-02-18 10:23 | 機材 | Trackback | Comments(8)

Rolleiflex f3.5

b0246079_18535552.jpg
FUJIFILM X-T2  FUJINON XF56mmF1.2 R

最近とある中判カメラが気になって仕方がなく、昨日は久々にローライフレックを持ち出し撮影してきました。



ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-02-12 18:58 | 機材 | Trackback | Comments(5)

赤ズマロン

b0246079_19455070.jpg
LEICA M MONOCHROM(Typ246)  SUMMARON 2.8cm f5.6

復刻版が発売されましたが、オリジナル版も頑張ってます。

何よりオリジナル版はLマウントなので、バルナックにも使えるところが良いですね。

b0246079_19123506.jpg





ブログ村のランキングに参加しております。
1日1回応援のクリックをしていただけると嬉しいです^^
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by akirasoftil | 2017-02-05 19:47 | 機材 | Trackback | Comments(6)